プラレール いっぱいつなごう トミカ搭載貨車セット カートレイン北海道・6両セット(単2電池動力)

通常車両

タカラトミー プラレール
TAKARA TOMY Pla-rail

いっぱいつなごう トミカ搭載貨車セット
カートレイン北海道・6両セット


車両全体

カートレイン北海道 全体
カートレイン北海道 全体
カートレイン北海道 前面
カートレイン北海道 前面
カートレイン北海道 後面
カートレイン北海道 後面


先頭車(動力車)

タカラ トミーのプラレール
カートレイン北海道・6両セットの紹介です。

DD51 1068号機 北斗星

カートレイン北海道 先頭車01
カートレイン北海道 先頭車01
カートレイン北海道 先頭車01
カートレイン北海道 先頭車02

↓レトロプラモの高価買取はトイズキングへ↓


中間車 カニ24 北斗星(電源車)

カニ24 北斗星(電源車)

カートレイン北海道 中間車01
カートレイン北海道 中間車01
カートレイン北海道 中間車02
カートレイン北海道 中間車02


カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉方法

カニ24 北斗星(電源車)は、
ボディーカバーをスライドさせると
プラキッズを乗せることが出来ます。
カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉方法
ボデイの側面を上にずらします。

カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉01
カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉01

スライドさせたボディを上側に開きます。

カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉02
カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉02

こんな具合でプラキッズを乗せられます。
(プラキッズは別売です)

カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉03
カニ24 北斗星(電源車)ボディ開閉03


後続車(ワキ10000 カートレイン)

ワキ10000 カートレインは
別売りのトミカを1台乗せることが出来ます。

カートレイン北海道 後続車01
カートレイン北海道 後続車01
カートレイン北海道 後続車02
カートレイン北海道 後続車02


ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法

カートレインのボディを後方に
スライドしてロックを外します。

ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法01
ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法01

カバーを上側に上げると外すことが出来ます。

ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法02
ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法02

別売りのトミカを乗せて

ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法03
ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法03

カバーを取り付ければOKです。

ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法04
ワキ10000 カートレイン トミカ搭載方法04

同じワキ10000 カートレイン が4両付属しています。

ワキ10000 カートレイン 全体01
ワキ10000 カートレイン 全体01


電池交換の方法

※必ずスイッチをオフにして作業を行ってください。

動力車、ボディの前輪上部にボディを抑えているツメがあります。
動力車の真ん中(指)のあたりを両側から押しながら上下にずらします。

DD51 1068号機 北斗星 電池交換01
DD51 1068号機 北斗星 電池交換01

ツメが外れてボディの上部が外れます。
ボディ後部にある固定用の引っ掛けるツメが外れたら完了です。

DD51 1068号機 北斗星 電池交換02
DD51 1068号機 北斗星 電池交換02

使用する電池は単2電池が1本です

DD51 1068号機 北斗星 電池交換03
DD51 1068号機 北斗星 電池交換03

電池交換後、
ボディの後部にある突起をシャーシに刺してから
今の作業の逆でボディを取付けることができます。

DD51 1068号機 北斗星 電池交換04
DD51 1068号機 北斗星 電池交換04

スイッチがオフ状態の方が組付けもスムーズに行えます。

※注意
強引に作業するとツメが折れてしまう事もあります
気を付けて作業を行ってください
(作業は自己責任でお願いします)


スイッチ部

DD51 1068号機 北斗星 スイッチ部
DD51 1068号機 北斗星 スイッチ部


以上。タカラトミー プラレール
カートレイン北海道・6両セットの紹介でした。
購入などの参考になれば幸いです。


★★★★★★★★★★

ブログランキングに参加中
ひと押しお願いします
★★★★★★★★★★

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ


タカラトミーモール


コメント

タイトルとURLをコピーしました